パーソナルカラー冬ウィンターまとめ

このページでは、パーソナルカラー冬・ウィンターの「印象」「特徴」「ファッション」「ヘアメイクの色」などをトーン別にお話しします。

 

 もくじ 
  1. 印象
  2. 外見の特徴「肌色」「髪色」
  3. トーン別代表色
  4. ファッションタイプ
  5. メイクの色「ファンデーション」「チーク」「口紅」「アイシャドー」
  6. 自己診断の落とし穴
  7. 診断でおさえるべきポイント

 

それでは、パーソナルカラー・ウィンターの印象から見てまいりましょう!

パーソナルカラー・ウィンターのイメージ(印象)

パーソナルカラーウィンターの印象

パーソナルカラー・ウィンターの色とは、どんなイメージなのでしょう♪

ウィンター、冬は、

  • シャーベットのような冷たいアイシーカラー
  • 白銀のゲレンデに映えるスキーウェアのような鮮やかなビビッドカラー
  • クリスマスのイルミネーション、冬の夜空にさえた光を放つ星や月の光のように澄んだ色
  • 赤ワインのような深みのあるダークカラー

まで鮮やかで強い、モダンでシャープ、ピュアでクリアな色のグループです。

 

では次に、トーン別に、イメージをみていきましょう♪

ビビッドウィンター

ビビッドウィンター

鮮やか・華やかなイメージ

クリアウィンター

クリアウィンター

ピュアなイメージ

ディープウィンター

ディープウィンター

重厚でドレッシーなイメージ

クールウィンター

クールウィンター

クールで都会的なイメージ

 

ウィンター色見本パーソナルカラー16タイプ

パーソナルカラー・ウィンターでも、トーンによって印象は違ってきます。

 

では、次に、ウィンターの外見的な特徴をお話ししますね。

外見的な特徴

外見全体の印象・第一印象

華やかで都会的な女性らしさ感じる方が多いです。

エキゾチックな方、落ち着いた印象の方もいらっしゃいます。

肌の特徴

色白から褐色の肌の方もいます。

青みの肌で透明感・ツヤ感がありますが、血色は、あまり良くなく赤みが出にくい方が多いです。

 

ウィンターの髪の特徴・レッドブラウン~黒髪

ダークブラウンから黒髪までいらっしゃいます。

 

ダークブラウン
髪色ダークブラウン

 

クリア

ウィンター

ディープ

ウィンター 

クール

ウィンター 

ブラック(黒髪)
髪色ブラック

 ビビッド

ウィンター

ビビッドウィンター

ブラック

クリアウィンター

ダークブラウン~ブラック

ディープウィンター

ダークブラウン~ブラック

クールウィンター

ダークブラウン~ブラック

 

ヘアカラーのポイント!
市販のヘアカラーを買うときは、ピンク系、アッシュ系のダークブラウン、ブラックを探しましょう!

イエロー系、オレンジ系は避けたほうが良いですよ♪

 

トーンと代表色

ここでおさらいです。

ウィンターに似合う色をトーン別に挙げますね。

ピンク~赤

 

   

   

   

   

ブルー~グリーン

 

   

   

   

   

ベーシックカラー

 

パーソナルカラーウィンターのベーシックカラーは、ピュアホワイト(白)、シルバーグレイ~チャコールグレイ~ネイビー~ブラックです。

ディープウィンターのベーシックカラーには、ボルドーやグレージュもオススメです!

 

お勧めのファッションタイプ

ウィンターのファッション

  • 都会的、モダンなファッション
  • シンプルでカッコいいファッション
  • エッジの効いたファッション
  • シンプルなエレガントファッション
  • シックでクラシカルなファッション

などがオススメですので、

>>>マイデザイン分析(ファッションタイプ分析)だと

  • モダン
  • マスキュリン
  • フォクシー
  • コンサバ
  • プリンセス

がお似合いになります。

 

パーソナルカラーの冬・ウィンタータイプは、ブルーベースです。

ブルーベースの色は、直線的な色。

青みの強いグループであるクールウィンターは特に直線的なシンプルテイストが似合いやすいです。

ビビッドウィンターは、鮮やかなモダンテイスト、クリアウィンターは、ネイビーやシルバーグレイとクリアな色を合わせたエレガントテイスト、ディープウィンターは、クラシカル・モダンなファッションがお似合いになりそうです♪

 

ウィンターの印象でもお話ししましたが、鮮やか・華やか、ピュア、重厚でドレッシー、クール・都会的でしたね。

こんな印象もファッションのテイストと関係があるんですよ♪

>>>パーソナルカラー冬ウィンターのカラーコーディネートも役に立つかもしれません!

 

メイクの色

では、ウィンターのメイクの色をお話ししますね!

メイクのキーワードは、濃く鮮やかな色です。

 

各アイテムをお話しする前に、モデルさんでウィンターのメイクの色味見ていきましょう。

画像左がウィンター、右はスプリングで同じトーンです。

ウィンターメイクの色味

Aさん(上):鮮やかなビビッドトーンがお似合いになります。<パーソナルカラー:ビビッドスプリング>

左上はチークと口紅をウィンターの鮮やかな赤にし、ワインレッドのようなブラウンのリップライナーで引き締めています。

アイカラーには、細かいシルバーラメを乗せています。

画像右は、Aさんのパーソナルカラーであるビビッドスプリングのオレンジレッドをリップ中央に乗せました。

 

Nさん:パーソナルカラー・ブライトスプリングです。いつものメイクに、口紅だけビビッドにすると強くなりすぎます。

ですので、ブラウンベージュのリップライナーで輪郭をとり、肌とのコントラストを和らげ、アイライナーと眉をしっかり描き、バランスを取ります。

ローズレッドのチークを中心に、周りをブライトトーンのピンクでなぞり和らげています。

画像右下は、Nさんのパーソナルカラー(ブライトスプリング)より強めのオレンジレッドのチークとリップをつけています。

 

ではアイテム別にみていきましょう!

ファンデーション

パーソナルカラーウィンターのファンデーション

ウィンターの外見の特徴でもお話ししましたが肌に青みが感じられるのが特徴です。

ですので、黄みを抑えたピンクベージュ~ピンクオークル系のファンデーションが合いやすいです。

ベージュ、オークルは黄みの色が多いので避けたほうが無難。

 

ただ、メーカーによって色味が違うので、手の甲などで試し(できればフェイスラインでも)、あなたの肌色に合うか確認しましょう!

チーク

パーソナルカラー別チークの色

一番右がウィンターのチークの色です。

※むかって左から、オータム、スプリング、サマー+ウィンター

 

パーソナルカラーウィンターのチーク

  • ビビッドウィンターは、青みの鮮やかなピンクやレッドがオススメです。
  • クリアウィンターは、青みのベビーピンク~鮮やかなピンク
  • ディープウィンターは、ワインレッド
  • クールウィンターは、青みの強い鮮やか目のピンク

がオススメです。

 

リップカラー

パーソナルカラーウィンターのリップカラー

レッド、ピンクベージュ、ワインレッド、バーガンディー、青みの強いフューシャーピンクなどがオススメです。

 

ナチュラルメイクをするなら

  1. 濃いめの口紅を唇の真ん中だけに指でポンポン乗せ
  2. ティッシュオフしてからグロスを乗せる

華やかメイクをするなら

  • リップペンシルで輪郭をとる
  • ラメが入ったリップカラーを使う
  • マットなリップカラー+グロス

 

要注意!

アイメイクにラメが効いた物を使った場合、リップカラーはラメを控え目にし、グロスでツヤ感をだしましょう!

アイメイク、リップカラー両方にパールを効かせると、バブリーな印象・野暮ったい印象になりかねません。

 

アイカラー(アイシャドウ)

パーソナルカラーウィンターのアイカラー

色味を抑えたナチュラルメイクをするなら

ピンクベージュやココアブラウンなどウィンターの肌に馴染むアイカラーを選びましょう!

立体感をだすには、目の中央に薄目・明るめの色を置き、目尻・目頭に濃いめの色を乗せると良いですよ♪

アイラインの代わりに、ココアブラウンのシャドウを使うとナチュラルに仕上がります。

華やかメイクをするなら

目の中央にシルバーやシルバーラメが入ったピンクベージュアイカラーを乗せ、目尻・目頭にネイビー、パープルを乗せると、メリハリある華やかな印象になります。

この方法なら、クールな印象のネイビーも女性らしく使いこなせますよ♪

 

アイブロウ(眉)・アイライン

 

パーソナルカラーウィンターの眉・マスカラの色

向かって左3色:アイブロウ(眉)

全色:アイライン

 

アイブロウ(眉)

パーソナルカラーウィンターアイブロウ ブルーベースのアイブロウ イエローベースのアイブロウ

 

※向かって左2つ・・・ブルーベース、右・・・イエローベース

 

色はダークグレイ~ブラックまで。

髪の色に合わせて選ぶとナチュラルに仕上がりますよ♪

ペンシルタイプでラインを描いた後、パウダータイプでなぞると、失敗が少なくナチュラルな仕上がりになります。ノーズシャドウが付いているタイプも便利!

パールが効いていないマットなアイカラーでも代用できますよ♪

アイライン

ブラック、ダークグレイ、ネイビー、パープルなど。

ナチュラルメイク・・・アイシャドウを使う

ハッキリ華やかメイク・・・ライン(ペンシル、リキッドタイプ)

ベーシックカラ―だけでなく、パープルやブルー、グリーンを使うのもオススメ!

抵抗がある方は、目尻だけにいれるとナチュラルに仕上がりますよ♪

 

ハイライト

パーソナルカラー別ハイライト

 

ハイライトについては、>>>ハイライトの入れ方・選び方パーソナルカラーと顔骨格デザイン分析(R)で考えてみた♪

で詳しくお話ししています!

 

自己診断の落とし穴

「あなた」がこのページを読んだ理由は「自己診断」に違和感を覚えたから、ではないですか?

同じウィンタータイプでも、鮮やかなトーン、明るいトーン、深いトーンなどがあり似合うファッション、メイクの色も違います。トーンをおさえなければ意味が無いのです。

  • 自己診断に違和感を感じる「あなた」
  • まだ受けていない「あなた」

には、トーンをおさえたパーソナルカラー診断をオススメします。

 

診断でおさえるべきポイント

パーソナルカラー診断で大切なことは「似合う」を知ることだけ、ではありません。

「苦手な色」と「攻略法」を知ることが一番大切なのです。

選択肢が広がり、あなたの好きなファッションやヘアメイクを、より楽しめるからです。

 

苦手と攻略法まで分析するカラー診断を含むメニューは、イメージコンサルティングのページでご覧いただけます。

 

美的イメージアップ塾のパーソナルカラーは、コチラでご覧いただけます。

 

 

 この記事を書いている人 

イメージコンサルタント高木千恵ご訪問くださり、ありがとうございます♪高木千恵と申します。
・イメージコンサルタントとして女性がバランス美人になるお手伝いをしています。
イメージコンサルタント養成講座で愛され選ばれるイメージコンサルタントを養成しています。

・パーソナルカラー:春(ブライト)、骨格タイプ:エレガント好きなナチュラル、顔印象9分類:ボーイッシュ、PIF:コンサバ
・東京都立川市出身、夫とアメリカ在住・獣医師の娘の三人家族です。
・人と話す事、話を聞く事、食べることが大好きです♪

保有資格
*パーソナルカラーアナリスト *骨格デザインアドバイザー *顔骨格デザインアドバイザー *パーソナル・アイデンティティー・ファッション・アドバイザー *顔骨格デザインメイク・インストラクター *フィニッシングアドバイザー

* *ホームページ *ブログ

 

イメージコンサルティング変身事例