コントロールカラーベースメイクとパーソナルカラー

コントロールカラー、下地はメイクの土台です。土台(ベースメイク)次第で透明感をアップさせたり、赤みなどをコントロールでき、ファンデーションの厚塗りや、コンシーラーを重ねなくても美しい仕上がりが期待できます。

一般的に赤みはブルーやグリーン、色むらはイエローやベージュ、血色アップはピンクやオレンジでコントロールできるとされていますが、メーカーや肌色により違ってきます。

コントロールカラービフォー&アフター

<コントロールカラー使用前と使用後>

モデルさん(ストロングオータム)の美的メイクビフォー&アフターです。

左:ノーメイク

右:目頭下、目尻下の影をピンクのコントロールカラー、顔全体にベージュのコントロールカラーを使用。ごく薄くファンデーションを使い、フィニッシングパウダーで仕上げ、ハイライト、チークを乗せています。※コンシーラー不使用

このページでは以下、4つのポイント、

  • 無香料、あるいは微香料
  • 肌に優しい
  • カバー力、伸び
  • テスターで試せる

で実際に試してみたコントロールカラー・下地をパーソナルカラー別、目的別に解説します。

コントロールカラーとは

そもそもコントロールカラーとは、くすみ・色むら・毛穴・赤みなどを自然にカバーするアイテムでファンデーションの前に使います。

凹凸を埋めてカバーはできませんが、色の明るさやパール(配合のものは)のツヤ感で目立ちにくくなります。

化粧下地として使えるタイプ、UVカット効果があるタイプなど機能性が備わったコントロールカラーが主流です。

色と効果

補色効果とコントロールカラー

向かい合う色は補色といい、パーソナルカラーではお互いの色の特徴を際立たせる関係にあります。

一方、絵の具などの物体色の場合、補色を混ぜるとグレイや黒になり(「減法混色」)、光の場合、白になります。(「加法混色」)

上の図は色相環を簡略化したもので加法混色だと、たとえば赤に補色の青緑を混ぜると白になります。

メイクで言うとファンデーションなどの着色顔料を重ねると濁り(「減法混色」)、光で発色するパールは重ねても濁らず(「加法混色」)肌色をコントロールします。

ブランドにより異なりますが、

  • ブルー系:赤みをおさえ透明感アップ
  • グリーン系:赤みをおさえ透明感アップ
  • ピンク系:柔らかな血色感
  • イエロー系:色むらをカバーする

こんな効果が期待できます。

まずパーソナルカラー別・目的別コントロールカラーの色味の例をお話ししますね。

スプリングの目的別コントロールカラー

スプリングの肌の特徴は、黄みを帯びた肌ですが、セカンドがブルベになる方は黄みが少ない方もいらっしゃいます。

色白から褐色の肌で、血色がよく、ツヤ感、透明感があるのが特徴です。

スプリングの基本は≫パーソナルカラー春スプリングまとめで説明しています。

目的別にコントロールカラーの色味をお話ししますね。

 

パーソナルカラー春スプリングのコントロールカラーの色

くすみカバー透明感アップ

ベージュ、イエローがオススメです。①、③

今回検証した中でスプリングにオススメのベージュは、エクセル、エルシア。

イエローは、ナチュラグラッセ、江原道。

セカンドがブルーベースの方は、ピンク(エクセル、江原道)でも行けそうです。

目の周りの影を明るく

セカンドもイエローベースの方は、ベージュとイエローがオススメです。①、③

セカンドがブルーベースの方は、ピンクでも行けそうです。

ベージュはエクセル、エルシア、イエローはナチュラグラッセ、江原道が使いやすそうです。

セカンドがブルーベースの方は江原道のピンクラベンダー、エクセルのピンクグロウも使えそうです。⑤

血色を出す

青み控え目なピンクがオススメです。②

今回試した中では、コーラルピンクに近いナチュラグラッセのピンクが使いやすそうです。②

オレンジも血色アップ効果が期待できますが、セカンドがブルーベースになる方、特にブライトスプリングの方は違和感を感じることがあります。

オレンジは検証しませんでしたが、エクセルのベージュグロウがオレンジに近かったです。

赤みを消す

グリーン④かイエロー③で赤味をコントロールします。

セカンドもイエローベースの方はイエロー(江原道)を、セカンドがブルーベースの方はグリーンも試してみてください。

ただグリーンは赤みが気になるところにスポット的に使うのがオススメです。広く付けると白っぽくなる可能性があるので。

≫スプリングのファンデの色味も参考になさってください。

オータムの目的別コントロールカラー

オータムの肌の特徴は、黄みが強めのアイボリー(色白)~ベージュ~オークル肌で、血色はあまり感じません。

オータムの基本は≫パーソナルカラー秋オータムまとめで説明しています。

パーソナルカラー秋オータムのコントロールカラーの色

くすみカバー透明感アップ

ベージュ、イエローがオススメです。①、③

今回検証した中でオータムのベージュはベージュグロウ(エクセル)

イエローは、ナチュラグラッセ、江原道。

目の周りの影を明るく

ベージュとイエローがオススメです。①、③

  • ベージュ:エルシア
  • イエロー:ナチュラグラッセ、江原道

がいけそうです。

血色を出す

青み控え目なピンクがオススメです。②

今回試した中では、コーラルピンクに近いナチュラグラッセのピンクが使いやすそうです。②

オレンジも血色アップ効果が期待できそうです。

オレンジは検証しませんでしたが、エクセルのベージュグロウがオレンジに近かったです。

赤みを消す

イエロー③で赤味をコントロールします。

赤みはブルーやグリーンでコントロールしますが、黄みが強いオータムさんが付けると白っぽくなるのでオススメしません。気になる方は赤みが気になるところだけにスポット的に試してみてください。

≫オータムのファンデの色味も参考になさってください。

サマーの目的別コントロールカラー

サマーの肌の特徴は、青み(ピンク)を帯びた肌ですが、セカンドがイエベになる方は青みが少ない方もいらっしゃいます。

色白から褐色の肌で、血色がよく、ツヤ感、透明感があるのが特徴です。

サマーの基本は≫パーソナルカラー夏サマーまとめでお話ししています。

パーソナルカラー夏サマーのコントロールカラーの色

くすみカバー透明感アップ

ピンク、パープル、グリーン、ブルーがオススメです。

検証した中では、

  • ピンク:エクセル、セザンヌ、エルシア
  • パープル系:ピンクラベンダー(江原道)、バイオレット(ナチュラグラッセ)
  • ブルー:エクセル、セザンヌ
  • グリーン:エルシア

目の周りの影を明るく

ピンク、パープルがオススメです。①、②

  • ピンク:エルシア
  • パープル系:ピンクラベンダー(江原道)、バイオレット(ナチュラグラッセ)

血色を出す

ピンクがオススメです。②

  • ピンク:エクセル、エルシア

セカンドがブライトスプリングの方は、ナチュラグラッセのピンクもいける可能性があります。

赤みを消す

グリーンかブルーで赤味をコントロールします。③、④

  • グリーン:江原道、エルシア
  • ブルー:エクセル

エクセルのブルー「GL03ブルーグロウ」は、セカンドがウィンターの色白の方にしっくりきそうです。

≫サマーのファンデの色味も参考になさってください。

ウィンターの目的別コントロールカラー

ウィンターの肌の特徴は、色白から褐色の肌の方もいます。青みの肌で透明感・ツヤ感がありますが、血色は、あまり良くない方が多いです。

ウィンターの基本は≫パーソナルカラー冬ウィンターまとめでお話ししています。

パーソナルカラー夏サマーのコントロールカラーの色

くすみカバー透明感アップ

ピンク、パープル、グリーン、ブルーがオススメです。

検証した中では、

  • ピンク:エクセル、エルシア
  • パープル系:ピンクラベンダー(江原道)、バイオレット(ナチュラグラッセ)
  • ブルー:エクセル、セザンヌ
  • グリーン:ナチュラグラッセ、エルシア

目の周りの影を明るく

ピンク、パープルがオススメです。①、②

  • ピンク:エルシア、セザンヌ「ピーチ」
  • パープル系:ラベンダーピンク(江原道)

血色を出す

ピンクがオススメです。②

  • ピンク:エクセル、エルシア

赤みを消す

グリーンかブルーで赤味をコントロールします。③、④

  • グリーン:ナチュラグラッセ、エルシア
  • ブルー:エクセル

エクセルのブルー「GL03ブルーグロウ」は、セカンドがサマーの色白の方にしっくりきそうです。

≫ウィンターのファンデの色味も参考になさってください。

つけ方

美的メイクレッスンでも 「手で付ける」 をオススメしています。刺激が少なく密着するからです。

順に見ていきましょう。

  1. 掌に取ります。全顔で直径8㎜程度
  2. 両手をこすり合わせ伸ばします
  3. 両手を両頬に置く→額とアゴ→こめかみ→両目に置く
  4. アゴ・エラ~首(顔と首の境目)に置く
  5. 小鼻・口周り・目の周りは中指の腹で優しく押し込む
  6. ムラは中指の腹でポンポンとなじませる
  7. 両手で顔を包み込む
  8. ティッシュで余分な下地をオフする。ティッシュを乗せ、その上から掌をすべらせる。とくに眉は2・3往復指を滑らせる。

1~7までの工程で手は横移動させないように気をつけてくださいね。

検証したコントロールカラー

ドラッグストアやロフトなどで実際にテスターで試せるコントロールカラー5アイテムで検証しました。

  1. 江原道・メイクアップカラ―ベース
  2. ナチュラグラッセ・カラーコントロールベース
  3. エクセル・グロウルミナーザー
  4. セザンヌ・UVウルトラフィットベース
  5. エルシア・肌色コントロール

1、江原道メイクアップカラ―ベース

UVカット(SPF25/PA++)・化粧下地・肌色コントロールの 1本3役。さらに無鉱物、無香料と肌に優しいのも魅力です。

  • パールホワイト:毛穴、くすみ、透明感
  • ラベンダーピンク:黄くすみ、血色、健康的で華やか
  • グリーン:茶くすみ、明るさ、色むら、透明感
  • イエロー:赤み、ナチュラル

スプリングオータムのコントロールカラーの色味でお話ししましたが、 「イエロー」で赤みをコントロールする のでイエローベースの方には嬉しいですよね。

質感は、クリームのように伸びが良くカバー力も高いのに着け心地は軽やかです。

2、ナチュラグラッセ・カラーコントロールベース

UVカット(SPF32PA++)、鉱物油 、タール系色素 、合成香料、パラベン(防腐剤)、 シリコン不使用。UVカットでありながら紫外線吸着剤・不使用なのも魅力。

肌の老化に影響すると言われるスマホやパソコンから受けるブルーライトから肌を守るマリーゴールド由来のルティンが配合されているのも嬉しいですね。

  • 01 バイオレット:くすみのない肌へ
  • 02ピンク<コーラルに近い>:明るく血色感のある肌へ
  • 03イエロー:色むらを補正し、均一な肌へ

スプリングオータムのコントロールカラーの色味でお話ししましたが、「02ピンク」は青みが少なくコーラルに近いカラーなのでイエローベースの方が使いやすそうです。

質感は乳液のようにサラサラと軽やかですが、ツヤ感があります。

美肌効果が高い大豆やポリフェノール豊富なアルペンローゼが配合されているからかもしれません。

3、エクセル・グロウルミナイザー

UVカット(SPF28/PA+++)、化粧下地、ツヤ・ハイライト(※)の 1本3役。

  • GL01ピンクグロウ:くすみを飛ばし、ワントーン明るいツヤ肌に
  • GL02 ベージュグロウ:肌トーンを均一にし、ヌーディなツヤ肌に
  • GL03 ブルーグロウ:黄みや赤みを抑え、透明感あふれるツヤ肌に

サマーウィンターのコントロールカラーの色味でお話ししましたが、「GL03ブルーグロウ」はファースト・セカンドともブルベの方が使いやすい色味です。

「GL02 ベージュグロウ」はシャンパンゴールドのパールが効いています。ファースト・セカンドともイエベの方が使いやすそうです。

質感は、クリームのように伸びが良くカバー力も高いのに着け心地は軽やかです。さらに6種の大きさが違うパールと美肌効果が高いアルガンオイル、ローズヒップオイル、シアバター配合なのでツヤ感がダントツでした。

パウダータイプのファンデーションを薄目にのせても、ツヤ感は感じられました。

香料について記載はありませんが、ほとんど感じません。

ハイライトとして使う時は、手の甲に1~2㎜(ほんの少し)取り中指の腹で伸ばし、ポンポンと乗せるように使いましょう。(指を横移動させないように) ≫ハイライトの使い方と選び方も合わせてお読みください。

3、セザンヌ・UVウルトラフィットベース

SPF36・PA++ (紫外線吸収剤不使用)、無香料 、無鉱物油。ヒアルロン酸など7つの保湿成分が配合されプチプラながら肌に優しいのも魅力です。毛穴ソフトフォーカスパウダー、ブライトスキンパウダー配合。

  • 00. ライトベージュ: 毛穴や色ムラをカバーし、自然なツヤ感を与えます。
  • 01. ライトブルー:透明感がひきたつ色。セミマットな仕上がり。
  • 02. ライトピーチ :色ムラをカバーし、血色をよく見せる色。つややかな仕上がり。

「00ライトベージュ」は肌色が明るくなると感じました。

ライトブルーとライトピーチは、色をあまり感じません。カバー力・色味の補正が目的なら、この2点は難しいかもしれません。

ただ色味を感じにくいので、ライトブルーでもイエローベースの方が使えそうです。

4、エルシア・肌色コントロール

エルシア・コントロールカラー

SPF35/PA++、無香料。4種の保湿成分(ヒアルロン酸など)、肌負担の少ないミネラルパウダー配合。

  • PU101パープル:黄ぐすみをおさえ、やわらかな血色感
  • BE300ベージュ:毛穴・シミ・そばかす・くすみをカバーし、明るく自然な肌色
  • GR701グリーン:赤みをおさえ澄んだ透明感

「BE300ベージュ」はクリアな色なのでスプリングさんには使いやすそうです。

「PU101パープル」は、やや青みが強いピンク。

質感は、非常に伸びが良くカバー力も高いのに着け心地は軽やかです。

皮脂を吸着するパウダー配合なので崩れにくいのも嬉しいです。

明るさと血色アップ効果があるプラチナムシャインパウダーが配合され、ほんのりとしたツヤ感を感じられます。

まとめ

下地・コントロールカラーはメイクの土台です。

あれこれ重ね塗りするより、土台をキチンと作る方がナチュラルな仕上がりになります。

ブライトスプリング(ファースト:スプリング、セカンド:サマー、スプリング優位)の私がピンク、ベージュ、グリーンをつけた画像です。(濃い目につけています)

ピンクのコントロールカラーをイエベの私が付けてみた

エルシアのパープル(青みのピンクで肌の黄みが消えます)

ベージュのコントロールカラーをイエベの私が付けてみた

ベージュ(血色がアップしました)

グリーンのコントロールカラーをイエベの私が付けてみた

グリーン(白っぽくなります。赤みは消えそうです。)

スプリングの私ですが、ザ黄み肌ではありません。とくに今回付けた腕の内側は青みも感じます。

同じパーソナルカラーだからコントロールカラーの色味も同じ、とは限りません。

機能性を備えたコントロールカラーもたくさんありますので、この記事を参考に実際に試してみてくださいね。

イメージコンサルティングに含まれる≫美的メイクレッスンでは「あなた」の

  • パーソナルカラー
  • 顔骨格デザイン分析(R)

を診断し、「なりたいイメージ」に近づけるメイク法をレッスンしています。