パーソナルカラー夏・サマーまとめ

このページでは、パーソナルカラー夏・サマーの「印象」「外見の特徴」「ファッションタイプ」「メイクの色」など、トーン別に解説します。

 もくじ 
  1. サマーの印象
  2. 外見の特徴「肌色」「髪色」
  3. トーン別代表色
  4. ファッションタイプ
  5. メイクの色「ファンデーション」「チーク」「口紅」「アイシャドー」
  6. 自己診断の落とし穴
  7. 診断でおさえるべきポイント

 

それでは、パーソナルカラー・サマーの印象から見ていきましょう!

パーソナルカラー・サマーのイメージ(印象)

パーソナルカラー夏・サマーの印象

パーソナルカラー・サマーの色とは、どんなイメージなのでしょう?

サマー、夏というとギラギラした強い日差しをイメージするかもしれませんね。

 

パーソナルカラーのサマーは、霞がかったようなスモーキーで白っぽい優しげなパステルカラー、初夏に咲く優しい色のバラ、アジサイの色、鉛色の梅雨空や夏の避暑地、朝露にけむる高山植物、たとえばラベンダーやライラックの色。

やさしく落ち着きのあるエレガントな印象の色です。

 

では次に、トーン別に、イメージをみていきましょう♪

ライトサマー

ライトサマー

優しく可愛くロマンティックなイメージ

エレガントサマー

ミューテッドサマーのイメージ

上品でシック、穏やかなイメージ

ブライトサマー

ブライトサマーのイメージ

華やかでエレガントなイメージ

クールサマー

クールサマーのイメージ

スッキリ爽やかなイメージ

 

パーソナルカラー16タイプ夏サマー

パーソナルカラー・サマーのグループでも、トーンによって印象は違ってきます。

 

パーソナルカラー・サマーの性格の傾向

パーソナルカラー・サマーの印象でもお分かりになるように

  • 穏やか
  • 落ち着きがある
  • ロマンティック
  • 控え目
  • 優しい
  • 女性らしい

その反面

  • じっくり考える・考えすぎる
  • 聞き上手
  • 即決するのが苦手
  • 気が利く

こんな傾向があります。血液型で言うとA型のタイプに近いように感じます。

わたし自身、スプリングなんですが、セカンド(2番目にフィットする色のグループ)はサマーです。

さらに血液型はA型なので妙に納得しています。

 

では、次に、サマーの外見的な特徴をお話ししますね。

外見的な特徴

外見全体の印象・第一印象

爽やかで優しく穏やかな女性らしさ感じる方が多いです。

控え目な上品さ、しっとりと落ち着いた方が多いのも特徴です。

肌の特徴

青み(ピンク)がかった肌。

※ブライトトーンがフィットする方は青みが少ない方もいらっしゃいます。

色白から褐色の肌の方もいます。

血色がよく、ツヤ感、透明感があるのが特徴。

※エレガントサマーは、マット肌で血色は控え目です。

サマーの髪の特徴・レッドブラウン~黒髪

レッドブラウン、アッシュブラウン、ダークブラウンから黒髪まで。

 

レッドブラウン
サマーの髪色レッドブラウン

ライト

サマー

 

エレガント

サマー

 

   

アッシュブラウンサマーの髪色アッシュブラウン

   

ミディアムブラウン
サマーの髪色ミディアムブラウン

   

ブライト

サマー

 

ダークブラウン
髪色ダークブラウン

    クールサマー 
ブラック(黒髪)
髪色ブラック
     

ライトサマー(サマーの中でもライトトーンがフィットする方)

レッドブラウン~アッシュブラウン

エレガントサマー(濁色がフィットする方)

レッドブラウン~アッシュブラウン

ブライトサマー(ブライトトーンがフィットする方)

ミディアムブラウン~ダークブラウン

クールサマー(青みの強い色がフィットする方)

ダークブラウン~ブラック(黒髪)

 

ヘアカラーのポイント!
市販のヘアカラーを買うときは、ピンク系、アッシュ系のブラウンを探しましょう!

イエロー系オレンジ系は避けたほうが良いですよ♪

 

トーンと代表色

ここでおさらい!

サマーに似合う色をトーン別に挙げますね。

ピンク~赤

   

   

   

   

 

ブルー~グリーン

   

   

   

   

ベーシックカラー

サマーのベーシックカラーは、オフホワイト(白)、ライトグレイ~ブルーグレイ~スレートグレイ、ピンクベージュやインディゴ(クールサマー)です。

 

▲ピンクベージュはエレガントサマー以外は、これ一枚で「素敵」に見えるベストカラーにはなりにくいので、羽織りやボトムスにするか、お顔の近くに合わせない方が無難です。

お勧めのファッションタイプ

サマーのファッション

 

  • キュートなフェミニンタイプのファッション
  • シンプルでエレガントなファッション
  • 甘さ控えめなフェミニンタイプのファッション
  • 時代を超えて愛されるハイブランド系ファッション
  • クラシカルでエレガントなファッション

などがオススメです。

 

>>>マイデザイン分析(ファッションタイプ分析)だと

  • フェミニン
  • コンサバ
  • カービーエレガント
  • クラッシー
  • プリンセス

がお似合いになります。

 

>>>パーソナルカラー夏サマーのカラーコーディネートではカラーコーデ、似合わない色と攻略法を解説しています。

 

パーソナルカラーの夏・サマータイプは、ブルーベースです。ブルーベースの色は、直線的な色。

青みの強いグループ、クールサマーは爽やか・シンプルテイストが似合いやすいのです。

ライト・サマーはフェミニンテイスト、ブライト・サマーは、やや華やかなエレガント、エレガント・サマーは、シックなエレガントが似合いやすいです。

 

サマーの印象でもお話ししましたが可愛くロマンティック、華やかエレガント、シックなエレガント、クール・シンプルでしたね。

こんな印象もファッションの雰囲気と関係があるんですよ♪

 

メイクの色

つぎにサマーのメイクの色をお話ししますね!

メイクのキーワードは、明るく・穏やかな

 

各アイテムをお話しする前に、モデルさんでサマーのメイクの色味見ていきましょう。

サマーメイクの色味

Sさんはクリアで明るい色、ブライトトーンがお似合いになります。<パーソナルカラー:ブライトスプリング>

左:チークと口紅を柔らかいローズレッド、アイカラーには、ラベンダーを乗せ、ネイビーのラインで清涼感をプラスしています。

右:ウォーターメロンの口紅を使っていますが、Sさんには強すぎるので、肌馴染みの良いブラウンに近いベージュのリップライナーで輪郭を取り、馴染ませました。

アイカラーはパープル(アメジスト)を目尻にのせ、ネイビーでしっかりラインをいれました。

※右・左とも、眉はスプリングのブラウンを使っています。

 

それではファンデーションなど、アイテム別にみていきましょう!

ファンデーション

サマーのファンデの色

サマーの外見の特徴でもお話ししましたが、ブライトサマー以外は、肌に青みが感じられるのが特徴です。

ですので、ピンクベージュ~ピンクオークル系のファンデーションが合いやすいです。

ベージュ、オークルは黄みの色が多いので避けたほうが無難。

 

ただ、メーカーによって色味が違うので、手の甲などで試し(できればフェイスラインでも)、あなたの肌色に合うか確認しましょう!

チーク

パーソナルカラー別チークの色

一番右がサマーのチークの色です。

※むかって左から、オータム、スプリング、サマー+ウィンター

 

パーソナルカラーサマーのチーク

  • ライトサマー:ライトピンクなど青みの明るい色がオススメです。
  • エレガントサマー:ピンクベージュがオススメです。
  • ブライトサマー:肌の青みが少ない方もいますのでコーラルがかったピンク(上図、左から2番目)がオススメですよ♪
  • ールサマー:青みの強いローズピンクがオススメです。

 

リップカラー

サマーのリップカラー

ライトピンク、ピンクベージュ、コーラルがかったローズピンク、青みの強いフューシャーピンクなどがオススメです。

  • ラメでなく、パールが入ったもの
  • エレガントサマー、クールサマーは、ほのかなツヤ(軽いグロス)

を選ぶと良いですよ♪

ナチュラルメイクをするなら

  • グロスだけをつける
  • 口紅を指でポンポン乗せ、ティッシュオフしてからグロスを乗せる

華やかメイクをするなら

  • リップペンシルで輪郭をとる
  • パールが入ったリップカラーを使う
  • マットなリップカラー+グロス

 

要注意!

アイメイクにパールが効いた物を使った場合、リップカラーはパールを控え目にし、グロスでツヤ感をだしましょう!

アイメイク、リップカラー両方にパールを効かせると、サマーの爽やか・穏やかな特徴が活かせませんし、バブリーな印象・野暮ったい印象になりかねません。

 

アイカラー(アイシャドウ)

サマーのアイカラー

色味を抑えたナチュラルメイクをするなら

ピンクベージュやココアブラウンなどサマーの肌に馴染むアイカラーを選びましょう!

立体感をだすには、目の中央に薄目・明るめの色を置き、目尻・目頭に濃いめの色を乗せると良いですよ♪

アイラインの代わりに、ココアブラウンのシャドウを使うとナチュラルに仕上がります。

華やかメイクをするなら

目の中央にシルバーやホワイトパールが入ったピンクベージュアイカラーを乗せ、目尻・目頭にブルー、パープルを乗せると、メリハリある華やかな印象になります。

この方法なら、クールな印象のネイビーも女性らしく使いこなせますよ♪

 

アイブロウ(眉)・アイライン

 

サマーのアイブロウ

向かって左3色:アイブロウ(眉)

全色:アイライン

 

アイブロウ(眉)

ブルーベースのアイブロウ イエローベースのアイブロウ

 

※向かって左・・・ブルーベース、右・・・イエローベース

 

色はピンクベージュ~ローズブラウン~ココアブラウン、ライトグレイ~ブラックまで。

髪の色に合わせて選ぶとナチュラルに仕上がりますよ♪

ペンシルタイプでラインを描いた後、パウダータイプでなぞると失敗が少なくナチュラルな仕上がりになります。

ノーズシャドウが付いているタイプも便利!

パール控え目、マットなアイカラーでも代用できますよ♪

アイライン

ローズブラウン、ココアブラウン、グレイ、ネイビー、ブラックなど。

ナチュラルメイク・・・アイシャドウを使う

ハッキリ華やかメイク・・・ライン(ペンシル、リキッドタイプ)

ブラウン系だけでなく、パープルやブルー、グリーンを使うのもオススメ!

抵抗がある方は、目尻だけにいれるとナチュラルに仕上がりますよ♪

 

ハイライト

パーソナルカラー別ハイライト

 

ハイライトについては、>>>ハイライトの入れ方・選び方パーソナルカラーと顔骨格デザイン分析(R)で考えてみた♪

で詳しくお話ししています!

 

>>>パーソナルカラー夏サマーのカラーコーディネートも役に立つかもしれません♪

 

自己診断の落とし穴

「あなた」がこのページを読んだ理由は「自己診断」に違和感を覚えたから、ではないですか?

同じサマータイプでも、淡いトーン、明るいトーン、スモーキーなトーンなどがあり似合うファッション、メイクの色も違います。トーンをおさえなければ意味が無いのです。

  • 自己診断に違和感を感じる「あなた」
  • まだ受けていない「あなた」

には、トーンをおさえたパーソナルカラー診断をオススメします。

 

診断でおさえるべきポイント

パーソナルカラー診断で大切なことは「似合う」を知ることだけ、ではありません。

「苦手な色」と「攻略法」を知ることが一番大切なのです。

選択肢が広がり、あなたの好きなファッションやヘアメイクを、より楽しめるからです。

 

苦手と攻略法まで診断・分析するカラー診断を含むメニューは、イメージコンサルティングのページでご覧いただけます。

 

 

 

 この記事を書いている人 

イメージコンサルタント高木千恵ご訪問くださり、ありがとうございます♪高木千恵と申します。
・イメージコンサルタントとして女性がバランス美人になるお手伝いをしています。
イメージコンサルタント養成講座で愛され選ばれるイメージコンサルタントを養成しています。

・パーソナルカラー:春(ブライト)、骨格タイプ:エレガント好きなナチュラル、顔印象9分類:ボーイッシュ、PIF:コンサバ
・東京都立川市出身、夫とアメリカ在住・獣医師の娘の三人家族です。
・人と話す事、話を聞く事、食べることが大好きです♪

保有資格
*パーソナルカラーアナリスト *骨格デザインアドバイザー *顔骨格デザインアドバイザー *パーソナル・アイデンティティー・ファッション・アドバイザー *顔骨格デザインメイク・インストラクター *フィニッシングアドバイザー

* *ホームページ *ブログ

 

イメージコンサルティング変身事例