丈感は印象を左右する・骨格分析

丈感は、身長見せたいイメージ、ボディーバランス、骨格、お洋服の雰囲気で決まります。

コートの丈感を3つのポイントから考えてみますね。

 

 

丈感・身長・見せたいイメージの関係

小柄さんがすらっと見せたい

  • ショート丈~膝丈位まで
  • ウエスト高めの位置
  • ベルトなどでマークする

と視線が高い位置に上がり、すらっと+足長に見えます。

 

長身の方が小柄に見せたい

  • 膝とくるぶしの中間からくるぶし丈
  • 短めのコートなら長いボトムスを合わせる

がオススメです。

長身の方がトップスもボトムスも短くすると、長身を強調します。

 

人の視線は線を追って点で止まるという特性があります。

ですので、裾の位置が低めだと人の視線も低いところにポイントが行き、「小柄さん」と認識されるんです。

 

骨格3タイプと丈感

私が実際にコンサルで行う骨格診断は、一般的な3タイプにボディーバランスを合わせ診断していますが、分かりやすいように3タイプでお話ししますね。

骨格ストレートさんの丈感

  • 丈感は、ロングコートの場合、膝が隠れる位。
  • 身長やファッションテイストによっては、ふくらはぎ位。
  • ショートコートの場合、ヒップが半分隠れる位。
  • ボディラインに沿うデザイン。Iライン
  • 適度なフィット感。(ジャストサイズ)

骨格ウェーブさんの丈感

  • 丈感は、ロングコートの場合、膝が見える~膝が隠れる位。
  • ショートコートの場合、ヒップが腰骨にかかる位。
  • ボディラインにピッタリと沿うデザイン。Xライン
  • ベルトや切替が高めにあるデザイン

骨格ナチュラルさんの丈感

  • 丈感は、ロングコートの場合、膝が隠れる~ふくらはぎ位。
  • ショートコートの場合、ヒップが隠れる位。
  • ボディラインに沿うデザイン。Aライン・Yライン
  • ややルーズなサイズ感。

コーディネートと丈感

スカート派

スカートが隠れるロング、か、スカートが見えるショート丈がオススメです。

スカートがコートから5㎝くらい覗いてもOK!

5㎝以上覗くと間が抜けてしまう事があるので、お気をつけくださいね。

 

フレアスカートなど、ボトムスにボリュームがある場合、コートを

  • 短め
  • 細身

などコンパクトにすると、よりスタイルアップします。

 

パンツ派

ショート丈~ひざ上。

ワイドパンツのように、ボトムスにボリュームがある場合、コートはコンパクトな方がスタイル良く見えます。

長身で骨格ナチュラルの方は、ワイドパンツにロングコートでよりスタイルアップする方が多いです。

 

コートの丈感・骨格分析

 

長め丈のコートをパンツと合わせる場合は、コートの前を開けて着ると、すっきりしますよ。

この時、インのトップスとボトムスを同じ色にしてIラインを作ると

  • まとまり感
  • 長身効果

が期待できます。

コートの丈感・骨格分析

 

まとめ

コートは冬から春先に出番が多くなります。

季節はもちろん、素材と色も丈感に関係します。

明るい色は軽やかに、暗い色は重くなります。

凹凸の無い素材は軽やかに、凹凸のある素材は重くなります。

コートの色や素材や形、あなたの「なりたいイメージ」をトータルで選んで頂ければと思います。

 

 この記事を書いている人 

イメージコンサルタント高木千恵ご訪問くださり、ありがとうございます♪高木千恵と申します。
・イメージコンサルタントとして女性がバランス美人になるお手伝いをしています。
イメージコンサルタント養成講座で愛され選ばれるイメージコンサルタントを養成しています。

・パーソナルカラー:春(ブライト)、骨格タイプ:エレガント好きなナチュラル、顔印象9分類:ボーイッシュ、PIF:コンサバ
・東京都立川市出身、夫とアメリカ在住・獣医師の娘の三人家族です。
・人と話す事、話を聞く事、食べることが大好きです♪

保有資格
*パーソナルカラーアナリスト *骨格デザインアドバイザー *顔骨格デザインアドバイザー *パーソナル・アイデンティティー・ファッション・アドバイザー *顔骨格デザインメイク・インストラクター *フィニッシングアドバイザー

* *ホームページ *ブログ

 

イメージコンサルティング変身事例