丈感は印象を左右する

丈感は、身長見せたいイメージ、ボディーバランス、骨格、生地の質感・色、服の雰囲気で決まります。

丈感のポイントをお話ししますね。

丈感・身長・見せたいイメージの関係

小柄さんがすらっと見せたい

  • ショート丈~膝丈位まで
  • ウエスト高めの位置
  • ベルトなどでマークする

と視線が高い位置に上がり、すらっと+足長に見えます。

長身の方が小柄に見せたい

  • 膝とくるぶしの中間からくるぶし丈
  • 短めのコートなら長いボトムスを合わせる

がオススメです。

長身の方がトップスもボトムスも短くすると、長身を強調します。

人の視線は線を追って点で止まるという特性があります。

ですので、身長の低い人が長い裾(裾位置が低い)を着ると、人の視線も低いところにポイントが行き「小柄さん」と認識されます。

身長の高い人が短い裾を着ると、高いポイントに視線が行き「長身さん」と認識されます。

骨格3タイプと丈感

私が実際にコンサルで行う骨格診断は、一般的な3タイプにボディーバランスを合わせ診断していますが、ここでは骨格3タイプでお話ししますね。

骨格ストレートさんの丈感

  • 丈感は、ロングコートの場合、膝が隠れる位。
  • 身長やファッションテイストによっては、ふくらはぎ位。
  • ショートコートの場合、ヒップが半分隠れる位。
  • ボディラインに沿うデザイン。Iライン
  • 適度なフィット感。(ジャストサイズ)

骨格ナチュラルさんの丈感

  • 丈感は、ロングコートの場合、膝が隠れる~ふくらはぎ位。
  • ショートコートの場合、ヒップが隠れる位。
  • ボディラインに沿うデザイン。Aライン・Yライン
  • ややルーズなサイズ感。

骨格ウェーブさんの丈感

  • 丈感は、ロングコートの場合、膝が見える~膝が隠れる位。(例外あり)
  • ショートコートの場合、ヒップが腰骨にかかる位。
  • ボディラインにピッタリと沿うデザイン。Xライン
  • ベルトや切替が高めにあるデザイン

肩幅が広い骨格ウェーブの丈感

一般的に骨格ウェーブの丈感は、短めと言われますが例外があります。

例外とは、肩幅がある骨格ウェーブさんです。

肩幅が広い骨格ウェーブさんは長い丈でもバランスが取れます。

肩幅ウェーブの丈感

上の図は、肩幅さんが短い丈(中央)と長い丈(右)を着ています。

ウェーブさんでも、肩幅がある方は長い丈で肩の幅感を和らげます。

肩幅ウェーブさんが長い丈を着る注意点

  • 軽い・柔らかい生地を選ぶ
  • ウェスト位置は高めにする
  • えり開き(顔型・首のバランスによる)を詰まり気味にする

に注意しましょう。

コンサルのお客様を例にすると、シフォンやサテンのプリーツスカート85~90㎝(身長160~162㎝の場合)でもバランスよく着こなしています。

顔印象と丈感

顔印象9分類

顔印象も丈感に関係します。

顔印象がキュートゾーン(上の図・左下)の方は、短め丈がシックリきます。

とくに小柄さんでキュートゾーンの方がロングを選ぶなら、ふくらはぎの真ん中~ふくらはぎが隠れる丈まで、を試してみてください。

コーディネートと丈感

スカート派

スカートがコートに隠れるロング、か、スカートがしっかり見えるショート丈のコートがオススメです。

スカートがコートから5㎝くらい覗いてもOK!中途半端に覗くと間が抜けてしまう事があるので、お気をつけくださいね。

フレアスカートなど、ボトムスにボリュームがある場合、コートを

  • 短め
  • 細身

などコンパクトにすると、よりスタイルアップします。

パンツ派

ショート丈~ひざ上。

ワイドパンツのように、ボトムスにボリュームがある場合、コートや羽織は短めな方がスタイル良く見えます。

長身で骨格ナチュラルの方は、ワイドパンツにロングコートでよりスタイルアップする方が多いです。

コートの丈感・骨格分析

長め丈のコートをパンツと合わせる場合は、コートの前を開けて着ると、すっきりしますよ。

この時、インのトップスとボトムスを同じ色にしてIラインを作ると

  • まとまり感
  • 長身効果

が期待できます。

コートの丈感・骨格分析

「骨格タイプだけ」で丈を選ぶと外すことがある!

はじめに話したように丈感は、

  • 身長
  • 見せたいイメージ
  • ボディーバランス
  • 骨格
  • 生地の質感・色
  • 服の雰囲気

で決まります。

骨格ナチュラルだから「トップス」も「ボトムス」も「アウター」も長いとステキ、ではありません。

ナチュラルでも、身長が低かったり、華奢な方が全部長い物を着ると重くなります。

生地の質感・色も影響します。

明るい色は軽やかに、暗い色は重くなります。凹凸の無い素材は軽やかに、凹凸のある素材は重くなります。

丈感を外すと「だらしない」印象になりかねません。

美的イメージアップ塾のイメージコンサルティングは、総合的にバランスよくスタイルアップする丈感もアドバイスしています。