パーソナルカラーは変わらない と言われますが、 私はパーソナルカラーは変わる可能性がある と感じています。

 

 

そもそもパーソナルカラーは、どこをみて診断するか?

パーソナルカラーは、肌・髪・目など、その人が固有する色素で分析・診断します。

 

パーソナルカラーが変わる要因

そしてパーソナルカラーは、以下の要因で稀に変わることがあります。

  • 日焼け
  • 体調の変化
  • 食生活の変化
  • 加齢

加齢により肌・目・髪などの色素は、明度が上がり・彩度が低くなります。  

 

80歳になった私と今で比較してみた!

現在の私の画像と、髪と眉、瞳を加工して80歳になった私で比較していましょう!髪色と瞳、眉を白っぽくしました。まずは赤から。

パーソナルカラーは変わるか?メイクをすると、ビビッドトーンの赤(朱赤)がフィットします。

80歳になった私80歳の私、明度が上がり彩度が低くなりました。朱赤だと強いですね。

80歳の私にフィットする赤ブライトトーン(ビビッドより明度が高く彩度が低い)だとフィットします。

 次はブルー。

現在の私にフィットするブルービビッドトーンのターコイズブルーがフィットします。

上と同じビビッドトーンだと色が強すぎます。

ブライトトーン(ビビッドより明度が高く彩度が低い)だとフィットします。

加工で髪・眉・瞳の明度を上げ、彩度を下げただけで、肌の質感や口紅の色は同じです。一概には言えませんが、年齢を重ね髪・眉・瞳の明度が上がり彩度が下がると似合う色も違ってきました。

年齢によるパーソナルカラーの変化

年齢を重ねることにより 色素の彩度は下がり 明度は高くなっていきます。

 

年齢を重ねても肌・目・髪の色に変化がない方は、パーソナルカラーは変わりません。

そうでない方は、パーソナルカラーが微妙に変わる可能性があります。  

 

肌の質感とパーソナルカラー

また、肌の質感も年齢を重ねると変化します。

ハリ感・ツヤ感

たとえば黒は、パーソナルカラーだけでなく肌の質感とも深くかかわります。

肌にツヤ感・ハリ感があると黒が似合いやすくなります。

許容範囲が変わる

年齢を重ねると若いころに比べ、肌のハリが減りくすみ・シミ・シワが増えがちですよね。

ハリがあって、くすみ・シミ・シワが気にならない場合、似合わない色に負けない傾向があります。

ハリが減って、くすみ・シミ・シワが気になるようになると、似合わない色に負ける傾向があります。

肌質の変化で、似合う色の許容範囲も微妙に変化します。

  「ずっと気に入っていたブラウスが、最近なんかしっくりこなくて・・・」とおっしゃる方もおられます。  

カラー診断を受けたことがある方も、心機一転!もう一度受けてみると良いかもしれませんね。  

パーソナルカラー診断で重要なこと

パーソナルカラー診断で大切なのは「シーズン」を知ること、ではありません。

選択肢が広がり、あなたの好きなファッションやヘアメイクを、より楽しめむためにトーンをおさえることが重要なのです。

 

「あなた」をより美しく見せるトーンはもちろん、苦手と攻略法まで分析するカラー診断を含むメニューは、イメージコンサルティングのページでご覧いただけます。

 

 

 この記事を書いている人 

イメージコンサルタント高木千恵ご訪問くださり、ありがとうございます♪高木千恵と申します。
・イメージコンサルタントとして女性がバランス美人になるお手伝いをしています。
イメージコンサルタント養成講座で愛され選ばれるイメージコンサルタントを養成しています。

・パーソナルカラー:春(ブライト)、骨格タイプ:エレガント好きなナチュラル、顔印象9分類:ボーイッシュ、PIF:コンサバ
・東京都立川市出身、夫とアメリカ在住・獣医師の娘の三人家族です。
・人と話す事、話を聞く事、食べることが大好きです♪

保有資格
*パーソナルカラーアナリスト *骨格デザインアドバイザー *顔骨格デザインアドバイザー *パーソナル・アイデンティティー・ファッション・アドバイザー *顔骨格デザインメイク・インストラクター *フィニッシングアドバイザー

* *ホームページ *ブログ

 

イメージコンサルティング変身事例