似合うメガネの選び方

メガネやサングラスの形は顔型に関係し、コンプレックスカバーします。

顔型・フェイスパーツ分析、パーソナルカラーを基にメガネ、サングラスの形と色を解説します。

メガネの形と印象

天地(フレームの高さ)

フレームの高さと印象

フレームの高さが足りないと目が狭く見え余裕のない印象、冷たい印象を与えがちです。(右

サイズ感

フレームが大きすぎる・小さすぎる事が無いよう、

  • 横幅:お顔の最大幅
  • 縦:眉~顎までの三分の一
  • 眉が、フレーム一番上より少し出る

を留意しましょう。

顔型と似合う・NGなフレーム

 

面長、トライアングル、ダイヤ

面長さんオススメのメガネ

顔長:顔幅が1.4:1(※)より

  • 縦が長い(面長)
  • アゴ周りが狭い(トライアングル、ダイヤ)

顔型には、メガネがオススメです。※白銀比

  • 小顔に見える
  • 豊かに見える

効果が期待できます。

NG

面長にNGなメガネ

面長さん、トライアングルさん、ダイヤさんには、ほとんどのフレームがお似合いになりますが、上の3タイプは要注意です

ツーポイント、フォックス、トップリム(上だけにフレームがある)はお顔の長さアゴ周りの細さを強調します。

幅がある顔型

顔幅がある方オススメのフレーム

顔長:顔幅が1.4:1(※)より縦が短い顔型(ラウンド、ハート、ペア、スクエア、ベース)は、オーバル(左)やフォックス(中央)がオススメです。

ティアドロップ(右)は顔幅を強調するので避けましょう。

顔幅がある方NGのフレーム

ティアドロップの他、ラウンド、アンダーリムは顔縦を短くみせます。

フレームの上下が平行な長方形は幅を強調します。

いずれも顔幅を強調しますので避けたほうが良いですよ。

メガネの色と印象

フレームの色

お顔の色素に対してフレームの色が強すぎるとメガネが主張し、弱すぎるとボヤけた印象になります。

パーソナルカラーでライト、ブライト、ナチュラル、エレガントタイプの方が黒など強い色を選ぶ際、細めのフレームを試してみて。

肌色の濃い方が避けた方が良い色

肌色の濃い方(イエベ・ブルベに関わらず)が避けるべきはシルバーのフレームです。ギラギラして見える可能性が高いのです。

ゴールドやセルフレームがオススメです。

色・形選びのポイント

色の差(コントラスト)が大きいと強い印象、派手な印象になります。

「なりたいイメージ」が「柔らかい」「優しい」なら、「あなた」の肌・髪・瞳の色とフレームのコントラスを控え目にすると良いですよ。

スクエアやフォックスはクールで強い印象になります。トップリム(上だけフレーム)はモダンな印象になります。

「なりたいイメージ」が「柔らかい」「優しい」なら、穏やかな曲線のオーバルがオススメです。顔型を選ばず使いやすい形です。

 

サングラスは機能性重視!

メガネやサングラスは、機能性も重視しなければなりません。

  • UV(紫外線)カット率の「高い」ものを選ぶ(レンズの濃さに関わらず)
  • メガネより、少し大きめを選ぶ
  • 顔にフィットするフレームカラー選ぶ

色が濃いレンズは要注意!

【NG】UVカット率が「低い」×「色が濃いレンズ」

色が濃いレンズをすると瞳孔が開きます。

UVカット率が低いサングラスをすると、開いた瞳孔に紫外線が取り込まれます。

目から取り込んだ紫外線が、シミやしわの原因になります。

「UVカット」「UV&近赤外線カット」と記載されている物、UVカットだけでなくブルー光線もカットとするメラニンサングラスもありますので確認なさってください。

ちなみにユニクロのサングラスは、ほぼ紫外線透過率1%=99%カットでした。

メガネやサングラスの

  • 色や形状
  • 機能性

をおさえて印象アップしましょう!