イメージコンサルタント養成講座・顔骨格デザイン分析(R)

 

こんにちは!

イメージコンサルタント高木千恵です。

イメージコンサルタント養成講座の骨格診断コース

ではモニター様をお呼びしてコンサルティングの実習をしました♪

カウンセリングで把握すべきこと

イメージコンサルタント養成講座・カウンセリング実習

イメージコンサルティングは、お客様に似合うファッションをお伝えするだけではないんです。

もちろん、本来お似合いになるファッションやヘアメイクをお伝えしますが

  • どう見せたいか?
  • どうありたいか?
  • どうなりたいか?

が、ゴールと言えるほど大切!

それを知るには、パーソナルカラーや骨格診断だけでなく

  • キャラクター(性格)
  • 行動の仕方
  • TPO、コミュニティー

など、じっくりお話しを伺うことで分かってくるんです。

ただ、性格とかご自身のことは、ご自身では分からないことが多いんですよ。

ですので、カウンセリングは重要なポイントなんです。

受講生には、美的イメージアップ塾オリジナルのカウンセリングフォームを使っていただき

丁寧なカウンセリングをしていただきます。

骨格診断

イメージコンサルタント養成講座・骨格診断実習

いよいよ骨格診断です。

骨格、質感、厚み、重心を診断していきます。

イメージコンサルタント養成講座・骨格診断実習

ベルトを使ってスタイル良く見えるウエスト位置を、

さらにネックレスの位置とボリュームを確認していきます。

顔骨格デザイン分析

フェイスパーツ分析

骨格診断では分析しきれない柄やアクセサリーの形状を

  • 顔型分析
  • フェイスパーツ分析

で明確にしていきます。

イメージコンサルタント養成講座・顔骨格デザイン分析(R)

確認のため、柄ドレープをあてます。

顔骨格デザイン分析の結果、顔印象コンサバでした。

柄ドレープでの診断でも、コントラストがはっきりして、シャープな柄が本来お似合いになります。

顔骨格デザイン分析は、柄の形状だけでなく

  • 本来お似合いになるファッションタイプ
  • アクセサリーの形状
  • 襟の形
  • ヘア・メイク

などが分かり、さらに

  • 見せたいイメージ
  • なりたいイメージ

のファッションタイプ、アクセサリー、襟の形、ヘア・メイクと

本来お似合いになる、と、見せたい・なりたいが違う場合の似合わせ法が分かります。

モニター様のご都合もあり、パーソナル・アイデンティティー・ファッション(PIF)は後日お伝えすることになりました。

次回は、受講生が相モデルで骨格診断と顔骨格デザインメイクの実習です!